自然豊かな鎌倉から、リノベーション、リフォーム、新築、ミニマムに丁寧な住まいと暮らしを。鎌倉・逗子・葉山・藤沢・茅ヶ崎・湘南エリアを中心に!

IGC CONSTRUCTION COMPANY / CALL0467-31-0397
REFORM/RENOVATION/BUILD HOUSE /STORE&SHOP/FUNITURE/GARDEN/DESIGN/ALL CONSTRUCTION

We're ENGLISH will correspond.

1

2018.12.16

今年も本当にあとわずか、、、。
シンプルに、火を見て楽しむ、落ち着く、集う。

暮らすことの忘れがちな一番の目的

何のための暮らしで、それには何が必要なのか。
惑わされてはいけない、必要なものを必要なだけ。

物に満たされる幸せはそろそろ終わり。

世界中に幸せがいろんな形で存在している。
共存、尊重、寛容。

YESもNOも同じところにいなきゃダメだ、それでも幸せになることが人の知恵だろう。

どこまでいけるか!


2

2018.8.5

夏真っ盛り、暑さが今年はひどい。
薄着になれるのは開放感があっていい。

暮らすにはどうだろう?
正直暑すぎはいらないし、夏の有り余るパワーのような雰囲気は、個人的には苦手。

雑音をシャットアウトして、立ち止まる。
何が美しいか、素敵な時間なのか、若い時こそ鳥肌立つほど感じてほしい、いっぱい。

デジタルで解釈、切り取れない感覚って取っておいたほうがいい。

答えはいつも違うから。

どこまでいけるか!

3

2018.5.23


夕日はさみしく感じてしまうのは なぜだろう?
遊びきった後の夕日は、明日を期待させてくれる。

海上がりの少しボーとした感じに似てる。

外に出たくなる場所を選んで暮らす。
建物はシンプルで良い、笑顔がなければ意味がない。

暮らし方、笑顔に合わせた場所、家づくり。

どこまでいけるか!


4

2018.2.3

WE CAN DO IT!

大変だけど、出来る。

良い仲間に恵めれ、切磋琢磨して、知恵をつけて、技術を継承していく。

衣食住は無くならないと言われるが、近年、食はすごく変化に富んでいて、手軽に欲しい時にハントせずに食べれる様になっている。
衣に関しては、リサイクルも含めなんでも選べるだろうし、裁縫道具すら持っていないのが現実だろう。
住は、多様化(用途自体)し働き方の変化とともに、家すら持たない暮らしもありになってきた、世界が我が家、その様な時代に突入していると思う。

食、食材、景色、雰囲気(店 家)、同席者、器、酒器、酒、会話、時間が許す限り贅沢できるし、そのもてなし方は永遠に終焉を迎えないし、感動を生み続けると思う。

衣、ファッションは、時代を作る、見せる、人々の美に関する興味を引きつける大事なアイテムだと思う。

住、、、
何を軸として、家を使うか。
毎日、日替わりで好きな様にできたらいいな、今週はここで暮らしたいな。
山登り中、ここで暮らしたくなったから、暮らしてみようかな?
そんな、ドラえもんみたいな時代はすぐそこだとマジで思う。

住は今まで変化がゆっくりだったが、これから、新しいスタイルで加速して見せたい。

どこまでいけるか!




5

2017.11.25

いろんな街があって、歴史があって、独特の暮らしがある。
今があるのは、良くも悪くも、先人たちのおかげです。

そろそろ豊かになってきたことだし、食べるのに必死な時代でもないのだから。

近所を少し幸せにしてみよう。

筆者は、今の建築デザイン、意識が好きではないです。

西海岸スタイルの家の横に、瓦屋の家、アパート、マンション、、、
街が生きてないから日本はいつまでたっても、お家事情が落ち着かないし。
シンプルな信念がない暮らしが蔓延する。

何かが流行れば、影響され、いっときのリノベはどこもかしこも壁が真っ白だった、、、。

街を愛することができれば、暮らしはもっと豊かになるし。
そこのあるものを大事にして、それ以上欲しくならないのではないだろうか?

視野が狭い、、、。
まさにそんな、建築の外観が目立っている。

行政で規正しても良い気がするぐらいだ、屋根は色は自由だが、壁は、黒系、白系、茶系は天然素材の色か、色番号000までとする。
こんな感じでもあれば、街は素敵なキャンバスになるだろう。

できるのなら、やって見たい、小さなエリアだけでも。

どこまででいけるか!





6

2017.6.2

梅雨前の太陽をしっかり浴びておきたい。
庭道具を見直して、日差しの下で語らえる場所作り。

語らうということは、素晴らしい。

素敵な話を続けたい、、、。

多くはいらないが、良いものがあればいい。

大事に、直して使っていく余裕を持つ。
そして、良い目を持つ。

どこまでいけるか!




7

2016.10.30

便利なだけでは物足りなくなって、原始的に火を眺めたくなる。
囲む家族、友人、恋人、、、。

寒さの中、火の暖かさを感じて安心する。

今日の出来上がりは?
シンプルに火だけの手料理

時間を贅沢に、幸せに。

ただの火、熱、加減も適当にありのままに任せて受け入れる。
コントロールも大事だが、ありのままもいいんだと思う。

なんでも、使い方、遊び方でそれは生きてくる。
眺めてるだけじゃつまらい。

足し算が入らない世界は、やっぱり素晴らしいと思う。

心の底から暖まろう。

どこまでいけるか!




8

2016.9.21

どうにもできない表情ってある。
そのまま、付き合う、諦める、受け入れる。
なすがまま、その顔はまちまちで良いと思う。
生活が便利にな多分何でもかんでも詰め込んじゃう感じは品がない。
がさつでも吟味して、自信を持って使う。
良いものは本当に良い。

日本の、日本人としての品の良さ。
凛として、、、。

素材の表情を生かす、衣食住。

どこまでいけるか!

9

2016.6.23

楽しみたいのです。
生活をエンジョイしたい。
住宅とは、生きるために、外敵から身を守るために進化したもの。
外の環境に対応する服とか、暖房とか進化して、一年中外で遊べるし、狼なんかの外敵もいない。
なんだかんだ今は進化しすぎて逆に家にいじめられてませんか?
化学物質が悪いとか、自然素材を使わなければなどと、気がつけば、ん?っとなってませんか?
なんか、業界の罠を感じてしまいます。
土地の形は様々で、環境もまちまちですが、いまだにこれって家の仕様がありません。
不思議なものです。

だったら、機能性があって、それなりに安心であれば良いかな。
車に似てますね、用途は移動だけなのに、いっぱいあるし、何かのステータスに利用されるような感じとか。

家はシンプルに安心で良いと思います。

飾らなくっても暮らす人が輝いてるとすごく家ってかっこいいんです。
家を道具みたいに考えると、不思議と、生活と連帯感が出て家が生き生きしてくるんです。

人って素敵ですから、そのままでも素晴らしいんです。
家は箱があれば良い、その分、いっぱい楽しむことに使っちゃう。
そんな考え方も必要だと思います。

どこまでいけるか!



10

2016.1.24

タイトルの通り。
ミニマムも品がある。

全くない、ミニマリストとは違うが、飾らないシンプルなもの、デザイン、、、。
底知れぬ力強さがある。


若い頃は、着飾っていたし、見せようとしてた。
今は、見せる相手も誰かわかってきたし、何が、生活で大切かわかってきている気がする。

あれこれしなくても、作らなくても、買わなくても、心地良い空間をデザインできるのが技量だと思う。
そりゃーお金かけてやればかっこつくかもしれないけど、、、。
家作りって、ライフスタイルデザインだと思う。


自信がないとあっちこっち、変わったことしてしまう。
人と違うものを探しちゃう。
お金にものを言わせてしまう。


常識なんてない、それでいいならそれでいい。
住む人が、良いなら、それでいい。
仕上がってなくてもいい。
自信持ってやろうよ!

楽しもうよ!

顔が違うだけで、完全に個性的なんだから。
他とは違うんだから。

どこまでいけるか!



11

2016.1.5

いろいろと昨年を振り返りながら、今年を考えて見る、、、。
昨年は、いろいろなお客様にお会いでき、いろいろな提案をさせていただきました。

建物のこと、暮らしのこと、いっぱい考えました。
いっぱい考えても、たどり着くのは。
単純に、雨風しのげて長持ちする家が基本で、その上で、デザイン性、居住性などをプラスしていくってところ。

打ち合わせの時、お好きな雑誌などの写真をいただくことが多いです。
わかりやすいし、好みが理解しやすいので。
で、最初の作業は、排除すること。
余計なものを排除する。
一番大事なものを立たせる。

噛み砕いて、消化して、提案。
ただの並べ替えみたいなことは、デザインを求められた場合あまりしないようにしている。
並べ替えだと、仕事な感じがしないので。

そしてさらに考えて行った結果、今時の家は無理してる気がしてきてしまった。

バランスが悪すぎて、近くで見ないとよくない感じがする。
風景に合ってないし、生活スタイルと合っていない。
なので、今年は、シンプルで無理のない、ひっそりとした感じでいこうかなと思う。
主人公はあくまでも住人で、人がかすんでしまう空間は作らないようにしたいと思います。

ここは鎌倉で考えるけど、ここは西海岸ではないし、小洒落たカフェの横にコテコテの魚屋、肉屋があったり、マンションの横が瓦葺きの古い家だったり、よく見りゃ、めちゃくちゃセンスないんです。
もともとあったもののの後に、何にも考えないで、そこだけで考えて作っちゃうからめちゃくちゃなんだよね。

変わったこと、奇抜なことをするのは個性ではない。
ナンセンスです。

だから、身の丈に合っていて、少し物足りないぐらいで、身の回りのものを大事にできるもので囲んで、遊んで、家族、自分、街を愛せる空間を求めて欲しいと思います。

そして常識にとらわれず、自分らしさを出して欲しいと思います。

リビング?
ダイニング?
なんですか?

部屋の真ん中にキッチンいりますか?

テレビいりますか?

模様替えガンガンできるスペースを作れればいいな。

なんとか部屋はいらない。
なんなら、寝室とか季節によって、部屋を替えてもいいもんです。

余計なところにお金を使わづ、季節ごとにカーテン変えるとか、なんかこう家を楽しんで欲しいです。

生活を後押ししてくれる家がいいなー。

どこまでいけるか!









2015.5.25

色はすごく気分が出る。
女性らしい色、ビーチテイストな色、大人の男の色、などなど。

考えるのはバランス、質感。

個々が主張するコラージュはセンスだと思うし、ルーツなど、ストーリー性がないと難しい。

家は、色でインパクトはもちろんだが、派手さはいらないと思う。
見てなんとなく脳だけが理解するぐらいの色味が、家具などと合わせていくと、トータルでハマる。

僕らは家はキャンバスですと、いつも言っていますが、理由があります。
コテコテに家を装飾するより、色味を考えた主人公の、主人公らしさをテーマにしているから。

そのテーマをもとに家づくりを考えたいと思います。

どこまでいけるか!

ちょっと前のどこまでいけるか!はこちらから。